【日記】久しぶりに彼女と会う(2019年7月6日土曜日)

2019年7月6日土曜日

天気:日中は曇り、夜は雨

天気が良ければサイクリングに行きたかったけど曇りだったので夕方までは家で過ごす。

先日、Amazonで注文した本棚が届いたので組み立て。

とりあえず少し前に作ったガンプラ(ガンダムのプラモデルの略)を全部並べてみたけど、子供っぽい部屋な感じがするので全部並べるのは止めようかな。

どれもそれなりに時間をかけて作ったので、思い入れはあるけど、本当に気にっているのは3体だけなのでそれだけ飾って、しまい込んであるお気に入りの本を並べよう。

夕方からは彼女と食事をするために蕨へ。

誕生日が近いのでチョコレートのプレゼントを買う。

プレゼント

チョコレート

食事はとんかつの大作へ。

ロースとんかつ定食、イカ刺しも付いて910円

ロースカツ定食

エビフライの中3本が単品で940円をオーダー

エビフライ中3本

コスパの良さに大満足^^

その後、近くのポエムというカフェでおしゃべり。

タバコも吸えてお酒も飲めてちょっとした食事もできる、昭和な感じの喫茶店。

僕はタバコは吸わないので出来れば禁煙の方が嬉しいけど、こういった昭和な感じのする喫茶店も好き^^

スティックバームクーヘン

バームクーヘン

手作りコーヒーゼリー

手作りコーヒーゼリー

彼女の家族の話を聞いて、僕からは「引き寄せの法則」とか言ってるヤツに限って大した現実引き寄せてないよね、という超・上から目線で失礼極まりないし、大きなお世話で何様のつもりなんだよ、的な話が出来て良かった(笑)

ちなみに引き寄せの法則については否定はしていない。

「意識が現実を作る」というのは本当だと思う。

今日買った本

農ガール、農ライフ 垣谷美雨さん著

農ガール、農ライフ

派遣切りにあって彼氏にも振られた30代の女性が農業に挑戦する話。

僕は食べることが大好きなので、食・農業には関心がある。

大学も東京農業大学を卒業している。

とっても、食料経済学専攻だったので農業に関する経験や知識はほとんどない。

大学を卒業してからはスーパーマーケットで10年間働いて(なぜか鮮魚部門)その後は事務職を5年やっているが、食に関わるシゴトに憧れは今でもある。

自分で食べるものを自分で作れたら良いな、という思いもある。

「いつか農業をやるのも良いかも」

と思っているので「農ガール、農ライフ」のタイトルに惹かれ、帯を見たら新規就農に関する話だったので読んでみたくなって買う。

まだ3分の1ぐらいしか読んでないけど、やはり新規就農の現実は厳しい。。

大学時代に、新規就農者のほとんどが数年以内に辞めてしまう、という話を聞いたことがある。

都会暮らしに疲れてのどかな田舎で生活したい、

とか、

安心安全な食べ物を作りたい、

とか、

新しく農業をやってみたい動機や気持ちは僕にもある。

でも、憧れの気持ちが強くても、やってみないと分からない現実、苦労もある。

全部読んだらレビューを書いてみようかな??

☆☆☆

本日は以上。明日も雨だろうな~

部屋の片付けと室内トレーニングを頑張ろう。

投稿者プロフィール

大村篤資
大村篤資
大村篤志です。

シゴトは物流系の会社で事務員をしています。

過去にはスーパーマーケットで魚屋さんを10年間していたこともあります。

もしかしたら日本一魚を切るのが上手な事務員かもしれません(笑)

詳しいプロフィールはこちら。