体重・体脂肪率・筋肉量の測定を始めます。

今日から体重・体脂肪率・筋肉量の測定を始めます。

「体脂肪を減らしたい」「筋肉をつけたい」とか言っているのに、きちんと把握していません(^-^;

数値だけが全てではありませんが、それでも重要な指標ですので測定することを習慣にしたいと思います!

〇〇を持ち歩いている人に太っている人はいない!

「箸を持ち歩いている人に太っている人はいない!」という話を聞いたことがあります。

「箸」は別の書き方で「歯使」(歯の使い)とも書くらしいです。

食べ物をカラダに入れる時の道具にこだわりを持っている人は、太っていないんだろうなと思います。

実際にお箸を持ち歩いている人に出会ったことはありませんが(^-^;

でも、世の中には上には上がいて、なんと「体重計を持ち歩いている人」に会ったことがあります!!

その方は確か40歳ぐらいの女性です。

日本全国でフィットネスクラブの経営をされています。

出張が多くて月の2/3ぐらいをホテルに宿泊しているとのことです。

出張の際にも、体重計をキャリーケースの中に入れて持ち歩いて毎日測定していると言っていました。

その方は痩せているのはもちろんのこと、見た目も若々しく、その方の大学生の娘さんと並んで撮っている写真は、パッと見、友達同士とか姉妹に見えてしまいます!

(よーく見ると多少の違和感はあるかもしれまんがw)

体重測定は健康や美を意識する上で基本ということですね!

この方のように体重計を持ち歩くまでは出来ませんが、毎日の体重測定ぐらいはきちんと習慣にしたいと思います。

そして第一回目の測定です!

体重:59.8㎏、体脂肪率15.3%、筋肉量48.0㎏
そんなに悪い値ではありませんが、改善していきます!

体脂肪率を減らして筋肉量を増やしていきます(^^)

「筋肉量はボディービルダー並みのトレーニングや食事をしない限りはそんなに増えない」

と知り合いのパーソナルトレーナー(ライザップみたいのに務めている方)に聞いたことがあるので、劇的に増やすことは出来なそうです。

でも「筋肉は量を増やしたい」というより「カッコ良いカラダになりたい」というのが本音なので体脂肪率を測るついでに記録していきたいと思います!

この記事を書いた人

大村篤資

大村篤資

大村篤志です。

シゴトは物流系の会社で事務員をしています。

過去にはスーパーマーケットで魚屋さんを10年間していたこともあります。

もしかしたら日本一魚を切るのが上手な事務員かもしれません(笑)

詳しいプロフィールはこちら。