シゴトについて【2018年12月8日】

今朝、珍しい夢を見ました。

シゴトの夢です。

職場の上司と仲良く会話している夢でした。

実はちょっと前まで上司との関係はあまり良くありませんでした(^-^;

僕も正直なところニガテだと感じている人だったし、上司も僕のコトを少し嫌っていたと思います。

その関係が最近良くなってきました。

僕に対する接し方、話しかける時の声の質、気の使い方が良くなっています。

僕に対する態度が変わったので、僕も上司に対してのニガテ意識が減ってきました。

ちなみにシゴトはまぁまぁ忙しいので、シゴト中におしゃべりをする暇はありませんし、シゴトが終わった後での付き合いも忘年会ぐらいです。

その上司と仲良くおしゃべりをする夢を見るなんて、

「深層意識の中でも上司に対するニガテ意識が減ってきている証拠かもしれない」と思っています(^^)

上司との関係が良くなったきっかけ

3ヶ月ぐらい前に同僚が1人辞めました。

僕と上司と辞めた同僚の3人チームでやっていたのですが、急に辞めてしまったのです。

今まで3人でやっていたシゴトを2人でやるわけですからここ数ヶ月は大変でした(^-^;

大変でしたが、おかげでシゴトの質・スピードは大きくレベルアップしました!!

大変と書いて「大きく変わる」とはよく言ったものです。

多分、僕がレベルアップしたコトが上司が私に対する接し方が変わった原因だと思います。

シゴトの出来る・出来ないで接し方を変えるのもどうかとも思いますが(^-^;

あとは「大変な時期を2人で乗り越えた」という連帯感から信頼を得られたというのもあると思います。

1ヶ月前に新人が入ってきたのでシゴトは落ち着きつつはあります。

新人教育について思うコト

新人なので最初は戦力にはならないのは当然です。

1人入ったからといって直ぐにはシゴトは楽になりません。

教えなくてはいけないので最初はむしろマイナスです。

忙しいシゴトをしながら教えるのは大変ですよね(^-^;

上司が

「新人さんがちょこちょこミスをするんだけど、どうすれば良いと思う??」

と私に相談してきました。

以前は相談されることなんてまったく無かったので、このあたりも上司との関係が良くなっている証拠だなと感じています。

ちなみに私も新人さんにシゴトを教えるのですが、私の教えたシゴトでミスをしたことがまだ一度もありません。

私はシゴトを教える時には、最初は分かりやすく丁寧に教えるように心がけています。

分かりやすく丁寧に教えるだけでは、思考力を育てることはできないので、慣れてきたら、あえてちょっと雑に教えることもあります。

でもその場合も「少しでも困ったり迷ったりしたら質問してくれて大丈夫ですよ」と伝えています。

上司にはそれが無いんですよね(^-^;

入ったばかりで分からないコトだらけで緊張している新人さんに対して、忙しいからと言って雑にシゴトを教えてミスしたら怒る・・・

僕もあまり覚えが良いほうではありません(^-^;

新しいコトを覚えるのはニガテです。

※一度覚えたことはミスなく確実にこなせるほうではあります。

僕も新人の頃は上司にシゴトを教わったのですが、そんなに丁寧ではありませんでした(^-^;

「1度教えたよね??」と何度言われたことか(^-^;


しばらくは新人さんをフォローしつつ、上司との関係もさらに良くなるように頑張りたいと思います。

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

大村篤資

大村篤資

大村篤志です。

シゴトは物流系の会社で事務員をしています。

過去にはスーパーマーケットで魚屋さんを10年間していたこともあります。

もしかしたら日本一魚を切るのが上手な事務員かもしれません(笑)

詳しいプロフィールはこちら。